スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
蘇る古代の記憶 仮プレ
2009-09-18 Fri 22:53
【心情】

マンモスとサーベルタイガーみたいな妖獣ですか…
確か両方とも太古の昔…氷河期の生き物ですよね。

そういえば、此処には太古から受け継がれた野草も群生してるみたいですし、
妖獣達もそれに惹かれて現れたのかなぁ?


【作戦】

優先順位は「虎(サーベルタイガー)→象(マンモス)」

象への壁役とBS役が象を抑えている間に、残る虎を集中攻撃。
回復役・後衛は大暴れで大打撃を受けても立て直しやすいように、
象からある程度距離をとった位置にて行動。


【戦闘】

草原での戦闘なので移動時は本業能力「隠された森の小路」を使用。

私の立ち位置は虎担当の前衛。
後衛が攻撃されないように、虎の進路を遮るような立ち位置を常に心がけます。
万が一突破された場合は、後衛に大きな声で注意しつつ、
急いで再度虎の進路を塞ぐ位置へ移動します。

戦闘が開始したら、雪だるまアーマーで強化しつつ接近します。
接敵したら氷の吐息で攻撃開始。

「氷河期より寒いですよ。凍りつきなさいですの!!」(吐息使用時

素早く倒す為に積極的に吐息を使用しますが、
後々象にも攻撃できるように吐息が半数を切ったら、
通常攻撃に切り替えて温存します。

HPが危険な人がいる場合は、ヤドリギの祝福で回復。

普段の立ち位置とは異なるため、いつも以上にHPに注意を払い、
半分を切ったらアーマーで回復。


【戦闘後】

折角なので広大な草原の眺めを堪能しながら帰ります。
ついでに記念として珍しそうな野草を持って帰りますの。

[アビリティ]

氷の吐息改×12
ヤドリギの祝福×4
雪だるまアーマー×4


[装備]

Landesverrat (薙刀)
Requiem Apocrypha (ロングコート:ボーナス気魄)
首飾り
小物入れ
ヘアバンド
ランプ
交通安全のお守り
スポンサーサイト
別窓 | 仮プレ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
虫の音が響く林で 仮プレ
2009-09-07 Mon 23:32
【心情】

鈴虫の鳴き声ですか…これを聞くと秋だなぁと実感しますの。
暮れゆく夕日に響く秋の虫の声とか凄く風流ですの。

今回の敵は大きな鈴虫とコオロギかぁ…どんな声で鳴くんだろう?
綺麗な音色だったらいいなぁ。
…まぁ、どんな音色でも退治する事には変わりませんけど。

【一般人対策】

人の来なさそうな早朝の午前6時に作戦開始します。
念の為林道の入り口に工事中の看板やカラーコーンを置いておきます。

【作戦】

基本鈴虫→コオロギの順で攻撃優先。
前衛がコオロギの足止めをしつつ、残る後衛で鈴虫攻撃。
範囲攻撃持ちはコオロギを巻き込みつつ鈴虫を攻撃。
コオロギに阻まれて鈴虫まで攻撃が届かない場合は、
コオロギ集中攻撃で数を減らしてから鈴虫攻撃。


【戦闘】

私の立ち位置は後衛。
HPがあまり多くないので立ち位置に気を使います。
戦闘が始まったら、行動不能狙いで茨の領域を使います。
できる限り多くの敵に当たるような位置を狙って撃ちます。
その後、行動不能のコオロギが多い場合は吹雪の竜巻を、
そうでない場合は茨の領域を再度使います。
HPが半分を切ったら雪だるまアーマーで回復します。
アビが尽きたら、射撃で攻撃します。

【戦闘後】

ふぅ、なんとか無事退治できて良かったですの。
鈴虫の声は風流とはいえ、あんなにでっかい鈴虫では風流も何もありませんの。
何事も程々が一番ですの。

折角林に来たのだから、気分直しにと早朝の秋の虫の声を聞きながら帰ります。
別窓 | 仮プレ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 飛翔歌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。